ファッションカラーの名前や言い方~最近の色のトレンドまとめ~

   

レディースファッションで、最近よく耳にする色に関する言葉や、トレンドカラーの詳細をまとめました。旬なカラーをおさえると、オシャレで好印象なコーディネートが組みやす行くなります。

 

ワントーン

ひとつのトーンで全身をコーディネートする時に「ワントーン」という言い方をします。全身を白でまとめるなら、白のワントーンコーデになります。主に白コーデに代表される、白のワントーンが人気継続中ですが、次第にグレー、ネイビー、カーキなどにもワントーンが拡大してきています。

 

メタリックカラー

ブロンズやゴールド、シルバーなどのキラリと光る色のことを指します。以前は、パーティやフォーマルな場で用いられる色でしたが、昨今はデイリーウエアにも使われることが多くなりました。バックや靴の小物づかいで、アクセント的に使うのもオシャレのコツになっています。

 

トリコロールカラー

フランス国旗の色、青・白・赤の配色のことを言います。トリコロールは、フランス語で3色の意味です。マリンルックに欠かせないカラーです。2016年の春夏コレクションでは、従来のトリコロールの他に、アメリカ国旗をモチーフにした3色づかいも登場しました。

 

グレージュ

グレーとベージュの中間くらいの色。ややくすんだ薄茶色を指します。日本人の肌色になじみやすいので、洋服だけでなく、マニキュアやヘアカラーでも人気色となってます。

 

インダストリアルカラー

スチールグレーやコンクリートグレー、カーキ、レンガのブラウンなどの色をさします。インダストリアルの語源は、産業や工業という意味なので、そこからイメージされる色合いです。工業資材や都会の無機質な風景から連想される色をまとめて呼びます。

 

コスメティックカラー

少し赤みのあるベージュのことです。ファンデーションや頬紅など、化粧品を連想させることからコスメティックカラーと呼ばれます。穏やかなピンクみががったカラーは、トレンドのフェミニンやエレガンスを演出するのに欠かせない色です。

 

 - ファッションカラー用語