ファッションの気分やムード、着こなし方の系統の言い方まとめ

   

moodファッション関係に使われる言葉は、カタカナ表記が多いからか、イメージしようにもなんだかさっぱりわからない、なんてことが多々あります。コーディネート全体が醸しだす雰囲気や着こなし方の言い回しをまとめました。

エフォートレス

気取らずに肩の力をぬいたリラックスしたスタイルのことをいいます。頑張ってる気配は見せないけど、センスがあっておしゃれな雰囲気の時に使います。エフォートレスのもともとの意味は、努力をしない、軽々とやってのける、という意味があります。2015年の春夏コレクションに登場して以来、トレンドが継続しています。

 

トライバル

エスニックやアフリカンをベースとした、幾何学模様のプリントやパッチワーク、フリンジやタッセルなどが特徴です。コレクションでは黒やブラウン系をベースにした、マルチカラーを採用したコスチュームが多く見られました。

 

パイバーミックス

以前流行った、スーパーレイヤードやスーパーミックスを超える着こなしをさします。インパクトの強いコーディネートのことで、スポーツテイストとフォークロアをミックスしたり、フェミニンとロックの組み合わせなどの相反するイメージをミックスさせるコーディネートのことです。

 

ノージェンダー

男女の差異がないファッションをさします。近ごろはメンズコレクションでも、レディス特有の素材や色を積極的に取り入れるスタイルが、拡がりをみせてます。

 

ランジェリー

下着の要素や、デザインや素材を洋服に取り入れたスタイルをいいます。レースを配したスリップドレスや見せるためのブラトップやオフショルダートップスなど。全身ランジェリーにしないで、ワークパンツやマニッシュなボトムスと組み合わせて、テイストミックスのコーデが主流です。

 

サイバー

インターネット用語のサイバーは、ファッション用語として使う時には、未来感覚や無機質でクリーンな空間のイメージが投影されたスタイルのことをさします。

 

 - ファッションムードの用語